慣れ

何日も講習を受け続けていると、根拠の無い安心感がある。
こう書くことも言い訳だが、選択する事を考えず、教えられている内容を覚えるのが楽しい。現実は切羽詰っているのは承知している。ただ、その事だけを考え続けるのは少々疲れていた。

こうして講習を受ける事で、そこに逃げたかったのかも知れない。でも、それももうじき終わる。また終日考え続け、動き続ける毎日。得たという実感も、あっという間に吹き飛ぶと思うと残念に思う。

決して諦めてはいない。自分自身に甘えがあっただけ。それも終わりにしたい。本当に終わりにできるのだろうか…。でも、こうして過ぎていく日に対して何もしていない事に我慢はできそうにない。何ができるだろう、何がしたいだろう。いくら考えても答えは出てこないけど、会う事によって得られる何かを糧に、そこから探し出したい。

あと数日。使っていない頭を動かして、キレのいい発言ができるよう活性化しておきたい。
[PR]