本当はどうなのかな?

海の向こうでは、マクロビオティックという健康法が流行っているそうです。
こっちでも検索かけるとたくさん出てきますが、番組で見るまでまったく知りませんでした。

このマクロビオティックの考えの基礎にあるのが、

身土不ニ(しんどふじ)
自分が育った土地でできた旬のものを食べると、体調が整うという考え方。

一物全体(いちぶつぜんたい)
食べ物は上から下まで全て食べる。葉っぱや茎・根っこも全て食べる考え方。

そしてそれらを実践できる食事法が、自然農法の穀物や野菜を中心とし玄米菜食。もちろん魚や肉等、動物性の食材は厳禁だそうです。いいとこ取りしているかもしれませんが、テレビで実践している人たちを見ると効果が出ていますし、2年間で20キロ以上痩せている方もおられました。それに毎日じゃなく、1ヶ月続けては、暫く普通の食事して新たに始めるなんてことしても、効果が出るそうなので、本当にイイこと尽くめだと感じました。

そう思って母に、『どう、できそうやし挑戦してみたら?』 といましたが、母曰く、『有機野菜って結構高い』 なんだって。そして、『コレだけ時期に関係なく野菜が手に入ると、旬の物見つけるほうが難しい』 ですって。チャレンジさせるまでが大変です。

本格的に学ぶのであれば、料理教室がオススメだそうです。でも、番組内で紹介していた学校は、全て予約待ちでした。ウチは別にして、アンテナの張り巡らせ方にはいつも驚かせられます。
[PR]
by ja156y | 2005-05-01 22:20